FXと確定申告について学ぶのに役立つ金融インフォメーションサイト

FXの基本的な仕組みと儲けにくさ

FXの基本的な仕組み

外国為替証拠金取引、通称FXは金融商品の一種で、一定額の保証金を担保にすることにより、保証金の数倍から数十倍の外国為替の売買を可能とし、日々変動する為替市場での為替額を利用することによって、差額で利益を上げることを目的としているため、担保となる保証金の金額が大きければ大きい程、リターンも大きくなりますが、失敗した際のリスクが増大することは避けられません。

FXにおける具体的な取引の流れとしては、保証金を担保に外国為替を購入し、為替の取引金額が高くなったタイミングで売り払うデイトレードがポピュラーで、FX用の口座開設やFX取引用のアプリ、口座への事前入金が必要となるため、FXを扱う金融業者を決めておく必要がありますが、FXに限らず新規事業は規制が本格化していないことから、どうしても悪徳業者や違法業者が発生しやすく、金融商品としての歴史が浅いFXにおける業者選びは慎重を期すべきでしょう。

FXで大儲けは難しい

FXつまり外国為替証拠金取引は、保証金の多寡によって扱える為替の金額が左右される性質上、保証金が多ければ多い程、多くの外国為替をFXに用いることができるため、元金に等しい保証金の額が大きければ大きいだけリターンが大きくなることは間違いありませんが、取引金額の変動が安定した外国為替の場合、リスクを最小限に抑制できるものの、大きなリターンは望めませんし、取引金額の変動が激しい外国為替だと大きなリターンが望めるとはいえ、リスクが大きくなりすぎるのです。

つまり、FXで儲けることを望むのであれば、保証金の金額を増やすか扱う外国為替を取引金額の変動が激しいものにするしかないわけですが、前者は保証金を用意する手間がかかる上、失敗してしまうと保証金を損ない、日本における国内FXの場合、システム的に大きく失敗すると保証金を失うだけに留まらず負債を背負う羽目になります。