FXと確定申告について学ぶのに役立つ金融インフォメーションサイト

FXは本業或いは副業たりうるのか

そもそも確定申告とは何か

確定申告は税収制度におけるシステムの一つで、年間の総利益における所得税を自ら算出した上で、国税庁の定める書式に従い書類ないしデータとしてまとめ、2月16日から3月15日までの間に提出する税収システムを指しますが、年間の総利益に含まれる利益は、基本的に10種類あり、事業所得・不動産所得・配当所得・利子所得・譲渡所得・給与所得・退職所得・一時所得・雑所得に分類されます。

ちなみに、確定申告が求められるのは基本的に事業者であり、企業規模を問わず雇用主に正規の会社員や直接雇用の契約社員として雇用されている場合、企業側の確定申告に際し、一括で申告されることから、収入が雇用先での賃金のみであれば確定申告の必要はありません。

なぜ確定申告が必要となるのか

正社員やそれに準ずる形での就職に成功し、副業のような形で追加の収入を得ることもしていない場合、雇用先で継続して働き続けている限り、確定申告とは無縁であることから、雇用される立場からは確定申告の必要性を感じにくいかも知れませんが、事業者にとって確定申告は国に対する納税の義務を果たしていることを証明するものであるため、事業を継続する上で最低限果たさなければならない義務の一つと言えるでしょう。

また、個人事業主やフリーランスのように収入が安定しにくく、勤務先が不定の労働形態で働く場合においては、勤務先の確定申告に際し一括で収入を申告される正社員ないし準正社員とは違い、自ら収入を申告しなければなりませんし、国の定める控除制度を利用する場合、正社員であっても確定申告が必要です。