FXと確定申告の関係について学ぼう

FXと確定申告について学ぶのに役立つ金融インフォメーションサイト

おすすめリンク

おすすめの海外FX業者ランキング

海外FXで稼ぎたいあなたへ。初心者でも安心して利用できる業者をランキング形式でお届け

FXは本業或いは副業たりうるのか

確定申告は税収制度におけるシステムであり、年間の総利益における所得税を自ら算出し、国税庁の定める書式に従い書類ないしデータとしてまとめた上で、2月16日から3月15日までの間に提出を求められますが、これは、納税の義務を負う国民としての義務です。

FXの基本的な仕組みと儲けにくさ

保証金を担保兼元手にし、外国為替取引を行うFXは、外国為替相場の変動による為替額の変動を利用して、外国為替の売買取引から生じる差額で利益を上げることを目的としていますが、保証金を増やさなければ小勝でのリターンは小さく、為替額の変動が激しい外国為替はリスキーであるなど、儲けやすいとは言えません。

FXで利益を得たら確定申告が必要になるかも

FXを行い外国為替相場の変動を利用して利益を上げた際、会社員として雇用されており、所得が2000万円以内なら20万円以上の利益から確定申告が求められ、扶養家族なら、FXによって38万円以上利益を上げた場合、確定申告が求められることになります。

確定申告と確定申告の必要性

日本国内における国内FXの場合、FXによる外国為替の両替益を安定した収入源とすることは保証金の金額次第でできなくもないといったところでしょうが、国内FXにおける競争相手は個人のトレーダーだけでなく、投資信託会社の社員や投資信託専用のプログラムも含まれることから、競争相手が強力な上、こちらの損益は相手の利益に直結することを踏まえると、非常にシビアな環境であると判断せざるを得ず、大勝ちを狙えば、高確率で損益を被ることになるでしょう。

つまるところ、FXを安定した収入源とすることはハイリスク極まりなく、現実性を欠きますが、一日中FXに張り付きながら経済ニュースによる情報収集を欠かさない根気に加え、少額でも勝てる場面で勝ちを拾えるだけのセンスを持ち、数年程度の経験を積むことができるだけの資金を継続することができるのであれば、FXを本業とすることが完全に不可能という訳ではありません。

FXを副業と割り切ってしまうなら、多すぎず少なすぎない程度の保証金を元手に小遣い程度の金額を稼ぐだけに留めれば、ローリターンながらリスクは抑制できますし、投資信託に運用を任せてしまうこともできるので、リスクとリターンのバランスを考慮すると、本業にするには厳しいものがありますが、副業としては可もなく不可もない程度に収めることも不可能ではなく、絶対に本業にできないわけでも、副業に全く適さない程でもないのがFXと言えます。